診療内容-血液浄化療法|医療法人 博慈会 プライマリーヘルスケアグループ

血液浄化療法

血液中から病気の原因となる因子を特殊なろ過膜を用いて分離し、病因物質を除去したのち、綺麗になった血液を体内に戻し、健康状態の改善を直接的にはかります。

血液浄化療法(アフェレシス)とは

血液中から病気の原因となる因子

  • 中性脂肪
  • 悪玉コレステロール
  • ウィルスなどの炎症物質

これらを特殊なろ過膜を用いて分離し、病因物質を除去したのち、綺麗になった血液を体内に戻し、健康状態の改善を直接的にはかります。

血液浄化療法は、高度な医療知識と繊細な技術が必要な日本が誇る治療法で、熟練したME(臨床工学士)と血管に精通した医師が必要不可欠です。

この治療は家族性高脂血症、膠原病、肝炎、閉塞性動脈硬化症など、特定の病気や重症の病態、他に治療方法がないような病気にしか保険適用になっていませんが、重症になってから治療するのではなく、いかに健康でいられるかという先制医療が可能なのは自費診療ならではです。

治療効果

1.病因物質の除去

中性脂肪、悪玉コレステロール、炎症物質、ウィルスなど、特殊なフィルターを通すことにより直接的に血管内部を浄化できる。

2.血管内皮機能改善

血管の弾力性を向上させ、血管が硬くなるのを防ぎ、血管を柔らかくする。

3.炎症物質の除去

炎症物質も除去することにより、血管を詰まらせる血栓やプラークなどの発生を予防する。

4.血流改善効果

どろどろの血液をさらさらにする

安全性について

保険適用治療としては30年以上の歴史を持ち、高度な技術と手間が必要で、熟練したME(臨床検査技師)と血管に精通した医師が必要不可欠です
当院の金田宗久医師は長年に渡り血管外科医として大学病院で治療をしている下肢静脈瘤の権威でもあります!

理事長・医学博士

中川泰一Nakagawa Taiichi